米国産牛肉輸入問題とWTO農業交渉【副大臣答弁】

2006年7月20日
 この日は閉会中審査として農林水産委員会が開催されました。現下の課題の米国産牛肉輸入問題とWTO農業交渉を中心とする集中審議ということで5時間に渡りました。
 この委員会では、自民党の国井議員から品目横断的経営安定対策で規模要件に満たない集落営農組織に対する救済方策について質問があり、私からは集落内の主たる従事者(認定農業者)に農地を集積するなどによって対策の対象にできるという答弁を行いました。
 また、このほか、民主党の主濱議員からBSEに係る国内リスク管理措置の見直しについて、公明党の谷合議員から途上国を支援する「開発イニシアティブ」の検討状況についてそれぞれ質問があり、政府の立場で答弁を行いました。
委員席で質問を行う国井議員。

国井議員の質問に対し答弁を行いました。

ページトップへ▲


前のページにもどる

このホームページに掲載の記事・写真等の無断転用を禁じます。
すべての著作権は三浦一水及び三浦一水事務所に属します。
Issui Miura (c) 2009 All Rights Reserved.