集落営農の取り組みに当たって【副大臣答弁】

2006年3月16日〜17日
 18年度予算審議も中盤を迎えました。16日の農林水産委員会では、中川大臣の所信に対する質疑が行われ、岸信夫議員、ツルネン・マルティ議員の質問に対し答弁をしました。翌17日の予算委員会では、荒井正吾議員の質問に対し答弁をしましたが、全国テレビ中継が行われ、後ろには、小泉総理、谷垣財務大臣、麻生外務大臣がいらしたことから、背筋を伸ばしてしっかりと答弁をしました。
〔3月16日の農林水産委員会〕
集落営農について、取り組みに当たってのメリット、デメリットを答弁しました

〔3月17日の予算委員会〕
農林水産分野におけるアジアとの経済連携について、
農林水産省としての対処方針を答弁しました

ページトップへ▲


前のページにもどる

このホームページに掲載の記事・写真等の無断転用を禁じます。
すべての著作権は三浦一水及び三浦一水事務所に属します。
Issui Miura (c) 2009 All Rights Reserved.